ロゴ-01color.png

株式会社日昇の拠点である「愛媛県伊予市」とはどんなところか、ご紹介します


ありがたいことに、最近Iターン、Uターンを通じて株式会社日昇で働きたいと志望してくださる方が増えています。日昇は少しマイナーな田舎町にあります。そこで、土地勘のない方に「暮らし」をイメージしていただきたいと思うようになりました。

今回は会社の所在地である「愛媛県伊予市」について少しご紹介してみます。

愛媛県伊予市は、愛媛の県庁所在地である松山市から、車で30分ほどの場所に位置しています。人口は4万人弱のこぢんまりとした街です。

ヤマキ、マルトモをはじめとする複数の削り節工場が立地していて、なんと、国内に出荷される6割のシェアを占めているとか。たしかに工場は多いと思っていましたが、これほどのシェアがあるとは、調べてみてはじめて知りました!

また、海水浴場として人気のある五色浜海浜公園や、JR予讃線や夕やけこやけラインから見える景色等、美しい瀬戸内海が観光資源です。

私たちもアウトドア商品の撮影ロケで、仕事中に五色浜へ赴く場合があるんですよ。自然いっぱいで大変気持ちのいい場所です。


会社から20分ほどのところには、「海に一番近い駅」として知られる「JR予讃線 下灘駅」があります。日昇の最寄り駅からはたった5駅、約25分で到着です。「夏休みの田舎」を彷彿とさせるのどかな駅。駅からの景色を遮るものがなく、美しい瀬戸内海が一望できます。

JR下灘駅は青春18きっぷのポスターに何度も採用されたり、テレビドラマのロケで使われたりする観光名所なんです。地元の方の尽力で、季節の花が多く咲いています。天気のよい休日にはインスタ映えスポットとして、多くの観光客が訪れているんですよ。

最近では2017年に放送されたテレビドラマ『リバース』のロケ地になったことで有名です。主人公・深瀬和久(藤原竜也)と友人の浅見康介(玉森裕太)が、なんらかの事件に巻き込まれ死亡した友人の広沢由樹(小池徹平)の過去を知るために、広沢の故郷の愛媛を訪れる場面で登場しました。

他にも、テレビドラマ『HERO 特別篇』で、主人公・久利生公平(木村拓哉)が任地を離れるシーンに使われています。

海沿いにはランチやカフェを楽しめるお店があるので、休日のドライブにはぴったりなんですよ。



これまでの情報で「自然豊かな場所なんだな―。」という点は伝わったと思います。では実際に、生活する際の利便性はどうでしょうか。

私が思う伊予市の生活でよいところを挙げてみます。

◆スーパーマーケットやドラッグストアが抱負!

会社の近所だけでなんと5店舗もありますし、5分ほど車を走らせるとさらに2店舗。ちょっとした買い物に困ることがありません。中には深夜0時までオープンしているスーパーがありますので、夜に買い忘れたものを調達に、と気軽に買い物できます。さらには、生産者直売コーナーが充実していて旬の野菜をお安く購入できますよ!

◆公共施設や主要機関が集中している

昼休憩の1時間の間に、銀行と郵便局と市役所と図書館に行って…と複数の用事を済ませられるくらい、会社の周りに主要施設が集中しています。細かいことですが、非常に便利。

ちなみに、2019年8月に伊予市立図書館がリニューアルオープンします。それまでの昭和感あふれるレトロな雰囲気の図書館も個人的には好きだったのですが、新しい空間で読書できるのが個人的には楽しみです!オープン後にはあらためて図書館についてのブログを書いてみたいと思っています。

◆子どもが元気よく挨拶してくれる!

「おはようございます!」「こんにちは!」など、子どもとすれ違ったときに、こちらがびっくりするくらい率先して挨拶してくれるんですよ。たまたま東京から来ていた取引先の方が、小学生の元気な挨拶に驚いている場面に遭遇したことがあります。

個人的には、少し前ですが、伊予市の公共のお風呂に行ったときのこと。見ず知らずのお子さんに「お先に失礼します!」って声を掛けられ、びっくりしました、笑。田舎ならではのほのぼのした光景かもしれませんね。

逆に…

私が不便だと思う点はこちら。

◆仕事の合間にランチに行く場所が少ない

残念ながら、徒歩圏内で食事ができるお店は大変少ないのです。手頃な価格で定食が食べられるお店が増えてほしいなと思っています。

日昇の社員は、お弁当持参かスーパーやコンビニでランチを購入し、会社で食べるケースが多いですね。また、家が近い社員は帰宅してご飯を食べる人も。

◆全体的に居酒屋以外の飲食店の閉店時刻が早い

これは切実。先日、私の心のオアシスだったカフェが閉店時刻を22時→19時に変更してしました…。利用者が少なく、私にとっては大変居心地のいい空間だったのに。(利用者の少なさが、逆にお店側は困っていたんでしょうね、笑)仕事終わりにちょこっと寄れるお店、あるととっても助かります。


いろいろ書きましたが、住めば都。伊予市は、いいところも悪いところも含め、個人的には非常に暮らしやすい街だと思っています。日昇では会社の近隣に引っ越すことを条件に住宅手当が支給されます。ぜひ伊予市への移住を検討してみてください!

日昇HP

日昇ブログTOPページ


株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど。ときには面白ネタも、ざっくばらんにお話しします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.