ロゴ-01color.png

伊予市の観光スポット双海町の「JR予讃線 下灘駅」周辺をご紹介します



日昇が位置する伊予市で最も有名なスポットの一つである「下灘駅」。日本一海に近い駅として有名で多くの観光客が訪れます。今回は下灘駅とその周辺にあるスポットをご紹介します。

下灘駅

下灘駅は、愛媛県伊予市双海町大久保にある、JR予讃線の駅。「日本一海が近い駅」として知られ、その美しい景観から多くの観光客が訪れます。また、青春18きっぷのポスターに3度も採用され、数々の映画やドラマのロケ地としても有名です。

電車の本数は1~2時間に1本。一度乗り過ごすとしばらく待ちぼうけです。そのため、駅であるにもかかわらず、多くの人が車で訪れています。私が行ったのは、日曜日の午前中。10人ぐらいの方々が思い思いに写真撮影を楽しんでいました。

私も、いろいろな角度から下灘駅を撮影しました。


この構図は青春18きっぷのポスターにも採用された構図。駅舎の中から改札越しの景観を撮影しています。暗い駅舎内と、外の明るい海の景色との対比によってまるで絵画のような美しい写真を撮ることができますよ。

改札を抜けると、青々とした空と海が広がります。そこにあるのは下灘駅のトレードマークの三本足の屋根と青いベンチ。素朴なたたずまいが、下灘駅ののどかな雰囲気とぴったりです。


この三本足の屋根を撮影するとき大きなポイントになっているのが、白い文字で「しもなだ」と書かれた看板。この柔らかい文字が、写真のいいアクセントになります。実はこれ、地元住民の有志が寄贈したもの。地元のほかインターネットでも寄付を募り、旧国鉄時代の様式を再現した、ホーロー製の駅名看板が2014年に取り付けられました。

下灘駅は無人駅。この景観を守るために、地元住民の方々が花を育てたり、駅舎内に駅ノートを設置したりと様々な活動をされているそう。今の下灘駅があるのは、そうやって支えている人がいるからこそというわけです。

下灘珈琲


下灘駅を訪れた際にぜひおすすめなのが「下灘珈琲」。下灘駅の目の前にある白いリヤカーを利用したお洒落な外観のコーヒースタンドです。メインはドリンクメニュー。コーヒーだけでなく、ジュースや紅茶などもあります。また、ドリンク以外にもクッキーなどの焼き菓子もありました。


ミカンジュースは、温州みかん、ぽんかん、河内晩柑の三種類から選ぶことが可能でした。さすがミカン王国えひめです。

もともと駅の目の前には小さな売店があったそうですが、地元客の利用が減ったため閉店してしまったそう。そこにできたのが下灘珈琲。今では下灘駅を訪れた観光客のほとんどが、ここでドリンクを買って美しい風景を楽しんでいます。


ちなみに私は、レモネードを飲んでみました。レモンの味がさっぱりとしてこれからの季節にピッタリ。ぜひ下灘駅を訪れた際は、このお店でドリンクを買って至福のひと時を味わってはいかがでしょうか?

くじら


また、下灘駅に向かう途中ぜひ立ち寄ってほしいのが「くじら」。かわいいくじらの看板が特徴の小さなお店です。ソフトクリームやたこ焼きを海を眺めながら食べられる休憩スポットとしてドライブ・ツーリング客に長年愛されています。営業時間は、「あさ9:00~日没くらい」と、ゆるめの設定にのんびりとした雰囲気を感じられます。


店内には、くじらのシールが張られた、干物などの商品がずらりと並べられており、お土産選びも楽しめます。車を止めるスペースや座って食べられるベンチもあるため、旅路の休憩にピッタリですよ。


本谷の棚田

くじらで小休憩した後向かったのは、「本谷の棚田」。本谷の棚田は、伊予市双海町大久保にあり、山腹から海までを眺めることができる場所として知られています。私が訪れたのは正午ごろでしたが、この棚田が一番きれいなのは夕暮れ。夕日が海と棚田に反射し、とても幻想的な景色を望むことができます。


しかし、よく見てみると一部田んぼになっておらず、雑草が生えている場所が見られました。近くを通りかかった地域住民の方にお話を聞いてみると、高齢化が進み田んぼをする人が減ってしまったのだそう。2、3年前までは今よりも多くの人が写真を撮りに訪れており、邪魔になる木を伐採するなど景観も整えられていたそうです。

ただ、確かに今までの景色と比べると劣るかもしれませんが、今なお残る棚田は、青い海との対比によって十分美しい景観を見せてくれました。下灘駅からも10分程度の場所にあるため、近くを通りかかった際はのどかな風景を楽しんでみてはいかがでしょうか?



伊予市といえば「下灘駅」がやはり一番有名ですが、それ以外にもたくさんの魅力的な景色、お店があります。今後もそんな伊予市の新たな魅力を紹介していきますので楽しみにお待ちください!



株式会社日昇HP


ブログTOPページ

株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど。ときには面白ネタも、ざっくばらんにお話しします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.