ロゴ-01color.png

​株式会社日昇のインテリアブログ

社長にインタビューしてみました「日昇の過去・現在・未来のお話」


今回は、代表取締役社長である 高橋秀典のインタビューをお届けします。

◆日昇の今までを振り返って 垣内 社長が日昇でEC事業を立ち上げて11年目です。  振り返ってみてどうですか? 高橋 いろいろあったけど、あっという間だった。    思い出といえば、    楽天の賞を受賞して社員全員で    レンタカーで大阪まで授賞式に参加したよね。 垣内 社長の運転で大阪日帰りでした! 高橋 あと、売上が順調に伸びた結果、    在庫を保管する倉庫があっという間にパンパンに。    毎年倉庫の引っ越しをしたりとか。 垣内 物流部の段取り力に驚愕した覚えが!    ものすごい物量を    あっという間に移動させていましたよね。 高橋 逆に失敗したことも。    シンガポールでのEC事業に挑戦したけど    すぐに閉鎖になってしまった。     日昇としては準備を整えて    「さあこれから!」という時期に、    楽天市場がシンガポールから撤退してしまって…    当社だけで市場を開拓できる体力は    まだなかったので、    残念な結果になりました。

   貴重な経験にはなったけどね。

◆EC事業を立ち上げた理由

垣内 社長はもともと大阪で    仕事をされていたんですよね。    愛媛に戻ってきて、    EC事業を始めたのはなぜですか? 高橋 家業の建築業を継ぐつもりだったので、    結婚を期に愛媛に戻ってきました。    単純に愛媛県伊予市が好きだから    という理由もあるよ。

   ただ、私が帰ってきたときは、    会社の業績があまりよくなかった。    「もっと売上げを作りたい!」    「自分に何ができるか?」を考えた結果、    前職(EC事業)で培ってきた    経験やノウハウを活かそうと思って、    インテリアのEC事業を立ち上げたんだよ。 垣内 立ち上げ当初、苦労したことはありましたか? 高橋 苦労はあまりないかな(笑)    新しい事業なので人を雇うことには不安があり    年商が1億を超えるまでは    ほぼ一人で運営していた。    大変だった反面、とても楽しい毎日だったね。

   今でも覚えているのが、    商品を迷われているリピーターのお客様と    2時間を超える電話。    対応中にその日の注文の    発送準備をする時間になってしまったので、    受話器を顔と肩で挟んだ状態で話しながら    作業をしていた。    今思うと、中途半端な電話対応に    なっていなかったか疑問もあるけど    今でもその景色が思い浮かぶくらい    印象的なことだったね。 垣内 その話初めて聞きました。    正に「日昇のEC事業の原点」といえる    エピソードですね。

◆社長が思う現在の日昇 垣内 社長が一人で運営していた頃と比べると    今は顧客対応・商品発送・商品開発・撮影と    それぞれ担当がいて、    会社も社員も随分成長しましたね。 高橋 そうだね。    今年には教育担当部署もできたし! 垣内 あ!私のこと!!    現在の日昇は、社長から見てどうですか? 高橋 みんなとても真面目で日々成長している。    だけど、私も含めて、    まだまだ伸びしろがある会社だと思っているよ。

◆今後、日昇が向かう道

垣内 「伸びしろ」の話がありましたが、    社長の考える「日昇の伸びしろ」とは何ですか?    今後のビジョンを教えてください。

高橋 1つめは、一言で言うと【EC版イケア】になる 垣内 EC版イケア!具体的にはどういうことですか? 高橋 今は日本国内でのEC事業が順調だけど    これからアメリカと中国の市場に挑戦し、    海外売上比率を高めていきたい。    その途中段階としてIPOも目指していきたい。 垣内 国内だけでなく、世界のお客様に向けて    EC事業を展開するわけですね。 高橋 2つめは、会社の強みを活かした新規事業の成功。    今は世の中の流れが早いから、    既存事業がいつ形を変えるかわからない。    ちょっと前までは、    照明や家具はお店で買うのが当たり前だった。    だけど今では、    WEBショップで購入する人が増えつつあるよね。    そして、また変化が訪れるかもしれない。    そう思うと、    同じ仕事だけをやり続けることにリスクを感じる。    まぁ第一、    新しい分野に挑戦することは面白いでしょ。 垣内 社長の考えの通り、日昇は変化が早いです。    会社の変化についていくことは大変ですが、    楽しみながら新しいことにチャレンジする姿勢を    忘れないようにしたいです。

◆こんな人と一緒に働きたい!

垣内 社長はどんな人に    日昇へ入社してもらいたいですか? 高橋 いちばん重要視するのは    「仕事を楽しめるかどうか」かな。

   人生の中で働く時間は、    睡眠の次に長い人がほとんど。    仕事を楽しめない人は、    お金以上に人生を損していると思う。

   社長という立場から、    仕事を楽しめる環境を提供していきたいと

   考えているけど    最後に決めるのは働く人自身。    だから、物事をポジティブに受けとることができ    仕事を楽しめる人と一緒に働きたい。

   仕事を楽しめる人は、絶対成長するからね。

◆最後に 垣内 そういえば、学生さんからときどき    「社長ってどんなひとですか?」と聞かれます。    なんて答えようか悩むので    自己紹介してもらえませんか? 高橋 え、最後に自己紹介?!斬新だね(笑)    このタイミングで難しい!    えー、2017年2月に就任したての新米社長です。    会社の売り上げとともに、体重も急成長中! 垣内 ちょっとそれ、紹介しづらいです! 高橋 (笑) なので、今ジムに通ってます!    旅行と音楽とゲームが好きな、    3人の子供の父親です。    今はまっているのはgoogle homeのある生活。    google homeのないところでも、    話しかけたくなるのが最近の悩みです(笑)    こんな感じでOK?

垣内 はい!社長、本日はありがとうございました!

【後編はこちら】

株式会社日昇HP

ブログTOPページ

#コラム #社長インタビュー

株式会社日昇の公式ブログ。新規事業やインテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。採用活動。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど、ざっくばらんにお話しします。

特集記事

日昇の未来を担う新規事業「IoTグループ」のメンバ...

October 28, 2019

1/8
Please reload

最新記事