ロゴ-01color.png

株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市についてなど。ときには面白いネタも、ざっくばらんにお話しします。

テレワークの取り組みについて、NHK松山放送局「ひめポン!」の取材を受けました

日昇のテレワークの取り組みについてNHK松山放送局制作のローカルニュース番組「ひめポン!」で取り上げていただきました! 取材内容は新型コロナウイルスの影響に対する県内企業の「テレワークの導入」について。 日昇では、4月~5月中旬にテレワークを試験的に導入したため、どのように業務を行っているのかお伝えしました。日昇でのテレワーク実施の様子はこちら。 グループウェア「サイボウズ Office」を活用したスケジュール共有や情報共有。zoomを利用したテレビ会議の様子について取材を受けています! 弊社でテレワークを行って大きな混乱がなかったのは、以前から、サイボウズやスカイプなどオンラインツールを使っていたから。オフィスでも在宅でも大きな変化はありませんでした! 社長のインタビューの様子。 今回のテレワークの結果や、今後の導入予定などを語りました! 今後、弊社では6月に本格的なテレワークの導入を予定しています。新型コロナウイルス感染拡大防止だけでなく、子育て世代の社員が働きやすい環境を作ることなどが目的です。これから会社の発展のためにもうまく活用していきたいです! 株式会社日昇HP ブログTOPページ

「自分」と「相手」を理解する。エニアグラム研修の様子をご紹介

日昇に新入社員が入社して、約2か月がたちました! 今年入社した3人は、約一か月半の研修期間を終え、それぞれ新たな部署へと配属されました。振り返ってみると実にたくさんの研修を受け、学んできました。 そこで今回は、新入社員研修の経験の中から、新入社員フクシマが特に印象に残った「エニアグラム研修」についてご紹介します! □エニアグラムとは エニアグラムとは、ギリシャ語で「9の図」という意味の幾何学図形であり、この図形をシンボルとして発展した性格タイプ論です。人間を9つの基本的な性格に分類し、それぞれの性格の働きを習慣的思考・感情・行動パターンについて、具体的に明らかにします。現在、もっとも効果的な自己成長のシステムのひとつとして、ビジネス・コーチング・カウンセリング・教育などのさまざまな分野に取り入れられています。 □研修の様子 それでは実際に行った研修の様子をリポートしていきます! まずは、それぞれのエニアグラム性格診断。今回は、WEB上の無料診断サービスを使いました。 ホイミ―(hoyme) エニアグラム診断サイトはこちら。 診断方法はいたって簡単。全90問の項目の中で、自分に当てはまるものにチェックをつけていくだけ。項目の内容はこんな感じです。 回答する上で需要なのは、「自分が20歳以下だった時にどうだったのか」。その理由は、20歳以下の時の感覚がその人の本質であり、「こうありたい」、「あらねばならない」ではなく直感で考える必要があるからだそう。 私は、小学生ぐらいのときの自分がどんな行動をしていたか思い出していました。なかなか過去の自分の思考を想像しながら答えるのは難しいもの

目指せ日常のストレスフリー。「IoTデバイスのある生活」をご紹介

日昇では現在スマート電球をはじめとした「IoTデバイス」に力を入れ開発しています。日昇での「IoTデバイス」開発の様子はこちら。 すでに言葉としては定着しつつあるIoT。 しかし、実際には未だにほとんど使ったことがないという人も多いのではないでしょうか?そこで、「IoTデバイス」によってどれくらい生活が便利になるのか、日昇の製品を使ってご紹介します。 □IoTとは IoTとは「Internet of Things」の略称で、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。あらゆるモノがインターネットでつながり、情報のやり取りをする技術のことです。 これまで、インターネットを通じて情報をやりとりするのは、スマートフォンやコンピューターをはじめとした一部のIT機器のみに限られていました。 しかし、IoT技術の登場により、身の回りの家電や家具などでもインターネットをつうじた制御が可能になりました。この技術によりインターネットに接続されたモノのことを「IoTデバイス」と呼びます。 □「IoTデバイス」のある生活 日昇で開発した「IoTデバイス」を用いながら、最新テクノロジーによってどのように生活が便利になるのかご紹介していきます。 □シーン1:スマート電球のある生活 みなさん、「朝なかなか布団から出られない、もう少し寝ていたい」。そう思うことはありませんか?また、眠る前にベッドの上で、スマホをいじいじ。知らぬ間に寝てしまい、「朝になると電気が付きっぱなしだった」、という経験はありませんか? 私は、普段寝る前にスマホでYoutubeの動画を見たり、漫画を読んだりして過ごしています。ふとん

新事務所でのオフィスツアー。こだわりの社屋をご覧ください

日昇は2019年8月27日に本社事務所を移転しました! そこでこだわりの社屋と、どのような環境で社員が仕事をしているのかご紹介します。 当社の事務所が移転するのはこれで2度目。現在の新事務所は約80名が働ける大きさがあります。ところが、一番最初の事務所は、普通の民家の平屋を使っていたそうなので驚きです。 ちなみに、二番目の事務所は元・回転寿司屋さんだったようです。以前の事務所の様子はこちら。 □引っ越し作業の様子をご紹介 作業が行われたのは、真夏の昨年8月。社員を総動員し、汗だくになりながら引っ越し作業を行いました。朝の9時ごろから作業を開始。事前にシステムグループや専門業者の方々が準備をしてくれていたため、当日はパソコンやそれぞれの私物の運び込みだけで済みました。 午前中で荷物の運び込みは終わり、午後からはセッティングや掃除。翌日から仕事に備えます。そして、夕方17時ごろに作業は無事終了。翌日からの営業開始も大きな問題なく行えたようです。当日作業された社員の皆さん本当にお疲れ様でした。 □こだわり 新事務所は以前あった建物をリノベーションして創り上げました。リノベーションをする上で目指したのは、会社をいろんな人に知ってもらえる面白い建物を創ること。働く社員の想像力を広げ楽しく働ける空間にすることはもちろん。就活生や求職者が「こんなオフィスで働きたい!」と思ってもらえるような空間設計で、日昇のファンを増やすことが目標です。 設計に携わったのは「トラフ建築設計事務所」。建築の設計をはじめ、インテリア、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡る分

やってみて気付いた、テレワークのメリット・デメリットについてお話します

世界中が新型コロナウイルスの影響を受ける中、当社でも感染拡大を防ぐため、テレワークを実施しました! 都市部の企業が続々とテレワークを進める一方で、地方の中小企業はテレワークにあまりなじみがなく、進んでいない印象です。 そこで、伊予市の中でもいち早くテレワークを実施した当社の経験を

大阪から伊予市へー地方での働き方について話してもらいました【2020新卒社員紹介】

2020年4月に新卒3期生として入社したムラカミに話をききました。就職による都会から地方への移住で感じたことなど、インタビュー形式でご紹介していきます。 自己紹介 ムラカミ 関西学院大学 総合政策学部 メディア情報学科卒業。大阪出身。 大学時代は映像・メディアを学び、フリーランスでカメラマンをしていた。趣味は筋トレ、動画編集。 フクシマ(同期、インタビュアー)→ムラカミの印象は「ザ・関西人、だれとでも仲良くなってしまうタイプの人」 ー最初に、ムラカミさんは大阪出身ですが伊予市の印象はどうですか? (ムラカミ) 自然がいっぱいって感じです(笑)。 海が近くてきれいなので朝とか夕方に海まで散歩に行く習慣が楽しみになっています。夜になると星がすごくきれいに見えて癒されますよ。 あと、人がのんびりしているなと思います。 スーパーで買い物をしていても、レジでお会計が遅い人に対して誰も何も言わないんですよ。 大阪だとすぐ怒られるので新鮮です。 ―なるほど、確かに大阪と比べるとのんびりしている人が多いかも。 逆に困った経験はなかったですか? (ムラカミ) 車がないと行動が制限されることに困っています! 買い物に出かける際にどのお店も徒歩では遠い距離なんです。車の運転は苦手なので今は自転車で行ける範囲で活動しています。また、看板の表示も「車で○○km」という風に表示されていて、そもそも距離に対する感覚が大きく違うなと感じています。 なので、車を運転できるようになるのが目標ですね。運転できるようになったらしまなみ海道に行ってみたいです。 ―確かに愛媛は完全に車社会なので慣れないと大変かも。 ここ

就職活動やリモートワーク、実家暮らしについて話してもらいました【2020新卒社員紹介】

2020年4月に新卒三期生として入社した社員に話をききました。就職活動やテレワークをやってみての感想、実家から会社に通うことについてなど、インタビュー形式でご紹介していきます。 【自己紹介】 フクシマ 愛媛大学 社会共創学部 産業マネジメント学科卒業。愛媛出身。大学時代は経済学の分野を専攻し、地域活性化策について学んだ。趣味はツーリング、漫画を読むこと。 アリマ→フクシマの印象は、「温厚そうなのに厳ついバイク乗り回していたりとギャップがすごい。関西人2人のクッション材。」 ー 関西弁まみれの日々ですがどうですか?(※同期は京都と大阪から愛媛に来た二人) (フクシマ) 二人ともよくしゃべるので圧倒されてます。体験してきたこととか考え方が違うところが多くて、日々カルチャーショックを受けてます。 ー 具体的にどのようなカルチャーショックを受けましたか? (フクシマ) 2人とも価値観が違うのにずっと喋ってるんですよね。あと、ムラカミさんは色々な事業をやっていたり、自転車で大阪から東京まで行ったりと人生経験の豊富さにも驚きました。 ー いつも騒がしくてすみません (笑) ー 他の新入社員がIターン組なので、新入社員のうち唯一愛媛出身ですね。地元で就職したいと思っていましたか? (フクシマ) 働く場所はどこでもよかったのですが、選考を愛媛県で行う会社を選びました。僕は大学で「社会共創学部」という、地元に密着した学部に所属していました。だから愛媛でこそ自分の強みが発揮され勝負できると思っていましたね。新設された学部で一期生で新しいことをしている、という点もアピールポイント。 ただ、OB ・O

就職活動中の会社選びや今後の目標について話してもらいました【2020新卒社員紹介】

2020年4月に新卒三期生として入社した社員に話を聞きました。入社一ヶ月の彼女に、就職活動中の会社選びや社会人になってからの生活の変化や目標など、インタビュー形式でご紹介していきます。 自己紹介 アリマ(写真左) 京都工芸繊維大学 造形科学域デザイン・建築学部 卒業。和歌山県出身。大学時代は日本建築史ゼミに所属し、社寺建築について学んだ。趣味はYouTube鑑賞、ネットサーフィン、散歩。 ムラカミ→アリマの印象は、「同じ関西出身ということもあり、話しやすい。困っていたら、『大丈夫?』と声をかけてくれるお姉ちゃんみたいな人です。」 ー 早速ですが、就活時代にどんな点を重視して会社選びをしましたか? (アリマ) 重視していたポイントは二つあります。まず、好きなデザインのインテリア商品があるかどうか。私は大学で建築を学んでいて、その中でもインテリアに興味がありました。 就職先は、自分が売りたいデザインの商品がある会社を選ぼうと思っていました。売りたいと思える商品でないと楽しく仕事ができないからです。社員割引を使っておトクにほしいものをゲットできるのもうれしいですよね。 ー インテリアに興味を持ったのはいつからですか? (アリマ) 大学生のときからおしゃれなインテリアを見るのが好きでした。私の好みはミニマムインテリア。おしゃれなインテリアの写真を載せているTwitterアカウントをフォローしていました。それを見ていくうちにさらに興味がでてきましたね。 ー 会社選びのポイント二つ目は? (アリマ) スキルを身につけることができるかどうかも重要視していましたね。自分にスキルがあれば、結婚し

ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.