ロゴ-01color.png

就職活動やリモートワーク、実家暮らしについて話してもらいました【2020新卒社員紹介】



2020年4月に新卒三期生として入社した社員に話をききました。就職活動やテレワークをやってみての感想、実家から会社に通うことについてなど、インタビュー形式でご紹介していきます。

【自己紹介】


フクシマ 愛媛大学 社会共創学部 産業マネジメント学科卒業。愛媛出身。大学時代は経済学の分野を専攻し、地域活性化策について学んだ。趣味はツーリング、漫画を読むこと。 アリマ→フクシマの印象は、「温厚そうなのに厳ついバイク乗り回していたりとギャップがすごい。関西人2人のクッション材。」

ー 関西弁まみれの日々ですがどうですか?(※同期は京都と大阪から愛媛に来た二人)


(フクシマ) 二人ともよくしゃべるので圧倒されてます。体験してきたこととか考え方が違うところが多くて、日々カルチャーショックを受けてます。


ー 具体的にどのようなカルチャーショックを受けましたか?


(フクシマ) 2人とも価値観が違うのにずっと喋ってるんですよね。あと、ムラカミさんは色々な事業をやっていたり、自転車で大阪から東京まで行ったりと人生経験の豊富さにも驚きました。

ー いつも騒がしくてすみません (笑)

ー 他の新入社員がIターン組なので、新入社員のうち唯一愛媛出身ですね。地元で就職したいと思っていましたか?

(フクシマ) 働く場所はどこでもよかったのですが、選考を愛媛県で行う会社を選びました。僕は大学で「社会共創学部」という、地元に密着した学部に所属していました。だから愛媛でこそ自分の強みが発揮され勝負できると思っていましたね。新設された学部で一期生で新しいことをしている、という点もアピールポイント。

ただ、OB ・OGの人も知らない学部なので面接の時に説明するのは大変でしたね。なので、テンプレートを作って話すようにしていました。どの会社の方も地元密着に共感してくださったので話しやすかったです。

ー 自分の強みを生かして愛媛の会社にしたんですね!一期生というのは前例がない分大変そうですね。

ー フクシマくんは「社会共創学部」と、インテリアのEC事業とは関わりのない学部にいたと思いますが、日昇を選んだ決め手はなんでしたか?


(フクシマ) インテリアは感覚的に好きではあったのですが、インテリアだったから選んだわけではなく、自分で商品を仕入れて販売までできるところが楽しそうだと思い選びましたね。元々は営業の仕事をしたいと思っていました。食品や機械などのメーカーを中心に探していましたね。あとは、医薬品商社の営業も含めて全部で15社くらいにエントリーしました。

株式会社日昇はリクナビでメーカーについて調べていた時に見つけました。元々営業を志望していたんですが、就活中に日昇かそれ以外の営業の会社の2択になっていたので内定をいただいたときは即決しました。


ー 内定をもらったときはどのように感じましたか。


(フクシマ) やっぱり嬉しかったですね。あとは安心感と解放感が大きかったです。やっと就活終われるんだ、と。日昇は内定が出るまで早かったので、他の人より長く学生生活を謳歌できました。


ー メーカーの営業志望から考えると、大きく方向転換しましたね。インテリアのEC事業という未知の世界に飛び込んでみてどうですか?


(フクシマ) インテリアに対する知識をどう補っていくかが不安ですね。最近だと新商品プレゼン会議のアンケートの専門用語が分からず一消費者としてしか答えられなかったのが悔しいですね。また、ExcelやSkypeを始め、zoomなどパソコンの知識がないので日々奮闘しています。

新入社員フクシマのインタビューの様子

【日昇ではコロナ対策として入社4日目から1週間程度のテレワーク練習を行いました。】

ー テレワークやってみてどうでしたか?


(フクシマ) 自分たちは研修で教育担当のカキウチさんからの連絡を待っていただけなので楽だったんだと思います。実際に仕事している場合のテレワークなら大変なことだらけな気がしますね。

1番のメリットは、通勤の時間がなくなる分、1日の時間が長いことですね。毎朝、アプリでニュースを見るんですが、会社がある日はさっとしか目を通せない程度でした。テレワーク中はゆっくり落ち着いて情報収集できたのが良かったですね。

思い返してみても、全体的に心に余裕はできていたと思います。会社に着くまでは時間を気にしてセカセカしていたのが、一息ついてから仕事ができました。 デメリットはコミュニケーションがとりにくいことと、公私の境目が曖昧になるところですね。対面だとすぐ聞けていたことが、Skypeで文字を通してだとうまくいかないこともありました。


あとは、いつより早めにログインして報告書を書いたり、終わってから課題のことを考えていたりと時間内に終わらせることを意識できていなかったのは反省してます。


ー そうですね。カキウチさんが一番大変そうでしたね…色々ありがとうございます!気軽に仕事ができてしまう分メリハリがなくなってしまいますね。

ー 社外での新入社員研修もテレワークでしたがどうでしたか?

(フクシマ) 周りはスーツや作業服で、会議室に整列したりして受けている中、自分たち3人だけ私服で家からテレワークだったんですね。場違い感がすごくて(笑)普段は会社の皆さんも私服なので意識してませんでしたが、社外の人と会う時はきっちりした服を着るべきだなと思いました。

ー テレワークも終わり、通常業務に戻りました。フクシマくんは実家から通勤していますよね。毎朝のルーティーンを教えてください。


(フクシマ) 朝は6時50分には起きてから身支度して、ご飯を食べたり、お昼ごはんの準備したり、とばたばたしています。7時50分に家を出て、8時20分には会社についていますね。普段は車かバイクで30分かけて通勤しています。朝から混んでいる中運転するのはストレスですね。同期は徒歩圏内なので羨ましいです。

ー 個人的には実家暮らしは羨ましい限りなのですが…。実家から通うメリット・デメリットを教えてください。


(フクシマ) メリットは帰ったらご飯が用意されていることですね。退勤してから家に着くまでが時間がかかるので、自分でご飯を作るとなると大変だなあと思います。あと、生活が大きく変化しないことも利点ですね。慣れ親しんだ土地なので過ごしやすいです。


デメリットは通勤に時間がかかることですね。日昇の人はお昼休みに家に帰る人も多いんです。そのくらい近くに住みたいですね。いつか一人暮らししようとは思っています!


ー 一人暮らしした暁には、新居祝いしましょうね。今日はお時間とっていただきありがとうございました!入社前のことや、実家暮らしでの話など普段はしないお話を聞けて興味深かったです。また、このような機会がありましたらよろしくお願いします!


株式会社日昇HP

ブログTOPページ


株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど。ときには面白ネタも、ざっくばらんにお話しします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.