ロゴ-01color.png

会社ブログ担当者は必見!採用力が上がる記事の書き方、面白いネタの作り方【事例あり】


こんにちは。株式会社日昇で広報と採用教育を担当しているカキウチと申します。

このブログにたどり着いた方の中には、採用がうまくいかなくて困っている人事担当者がいるのではと思います。または「コンテンツマーケティングで集客だ!会社ブログをはじめてください!」と会社から強制されて、書き方が分からず途方に暮れている広報担当者かも。

そんな方々に当社の採用に関する成功事例をお伝えします。私が採用の担当になって2年と少し。この間に行ってきた施策がうまくいき、採用力は向上した実感があります。今回はみなさんに当社の採用広報のノウハウやコツを共有できればと思います。参考にしていただけると嬉しいです。

当社では2018年にコーポレートサイトをリニューアルしました。これを機に、会社ブログもはじめることに。作り方がわからないまま手探りで正解を探し続けて約1年半。運用してみた成果をお伝えします。

  • ブログ開設の目的は?

いちばんは「採用広報」のためです。社外の方々に会社の内側を広報すること。自社をブランディングする施策は、採用難になるこれからの時代、非常に重要です。当社に興味を持ってくれた求職者の方への情報提供し、さらには志望動機形成の一助としてもらうために、ブログ開設を決めました。

次に取引先の方へ社内の様子を伝えること。従業員の顔をみせることで、取引先や新規取引を検討している企業に、社内の実情について情報提供できます。安心して取引をはじめて貰えればと思っています。

結論からいうと、これらの目的について満足行く結果を出せてきました。具体的には後述します。

加えて、運用していく中で「社内広報」の意味合いも出てきました。(当初の目的になかったものです。)当社のブログでは多くの社員がインタビューに応じてくれています。出演したブログをきっかけに他の人のブログも読み社内で話題にしてくれるようになりました。現在では多くの社員が会社の状況を知るきっかけになっているようです。

  • 企業ブログをスタートさせてからの経緯

ブログをスタートする時点で記事を一気に40本アップしました。会社ブログをはじめることが決まってからの約半年、プラットフォームを立ち上げるまでに、ある程度文章を書き溜めておきました。

また、私は新卒者向けにリクナビ人事ブログを書いていました。それらをリライトしながら、まずはブログにボリュームを持たせようと努力。最初の半年間は結果も反響もまったくついてきておらず苦しかったですが、気合いで記事を量産しました!

  • 具体的なアクセス数は?

リニューアル当初はホームページへのアクセス数は1000~1200件/月、程度でした。この数字、当社が営むEC事業から比べると寂しい限りです。月のネットショップ1店舗のアクセス数は数万件単位なので、桁が全然違いますよね。

とはいえ、ショップページとコーポレートサイトでは集客の目的が違います。ネットショップでの目的は販売すること。そのため多くの見込み客にまずはページに辿り着いてもらうことが重要です。広告予算を投入し集客に励んでいます。

一方でコーポレートサイトは、届けたい人にだけ必要な情報の提供ができれば大成功。そのため、むやみにアクセスを稼ぐ施策は行いません。1000~1200件/月の数値は、Webマーケティングを行っていない一般的な中小企業のホームページだと「まぁ、そんなものかな?!」という感覚ではないでしょうか。

平凡なアクセス数しか稼げていなかった当社。しかし1年半後には、アクセス数5000件/月、を超えるようになりました。5倍近く増やせていますね。新規ユーザーをあえて多く取り込もうとしていないので伸び率は大したことありませんが、それでもまだ伸びしろはありそうです。目に見えて成果がわかるのはモチベーションに繋がります。

アクセス数が伸びだしたのは半年以上経ってからでした。さらに、なんとなく体感的にも反響を感じられるようになりました。応募者や取引先、社員の口からブログの話題が出はじめたのです。

それまではひたすら忍耐。成果が見えなくてもコツコツとやるべきことをやった結果は、遅れて実ってきます。ここまで我慢できずにブログを辞めてしまう人や企業は多いですよね。大変もったいないです。

アクセスが増えはじめた要因の1つは、ブログ記事の「質」「量」ともに充実してきたからだと思います。手応えを感じてモチベーションが上がったので、さらに「質」「量」にこだわって記事制作を行いました。

  • ブログの「量」について

SEOの観点からは「できるだけ文字の量は多く」が定説です。しかし、文章量が多くても少なくても、「この記事を読んだ人が満足するかどうか?」を優先してほしいです。読者に満足してもらえる記事は、結果として文字の量(=情報量)が多いからかなと思っています。逆に、文字の量が多いブログがすべて、読者の満足度が高いとは限りません。本末転倒にならないよう注意しましょう。

ただし、文字の量を気にせず書くことと、「量」に対して目標数値を掲げることは別の話。どれだけのアウトプットを積み上げられるかは重要です。たとえば「更新頻度」「文字数」のような定量的な目標を掲げて進捗管理したほうが成果は出やすくなります。

当社の事例。記事を書いている私の担当業務は、広報・採用・教育と多岐に渡ります。そのため毎日ブログを書いて記事を増やすことが、なかなかできませんでした。そこで、「平均2000字以上のブログ記事を年間75本書く!(15万文字書く)」と目標を立て、進捗管理しながら作業を進めました。

その結果、1年半で私が書いた記事は115本。合計文字数は約20万文字です。もう少し分解してみると、平均2,000字の記事を、更新頻度は月平均で6,7本作成した計算です。

他の業務が忙しくて月1本しか書けなかった時期があれば、リカバリーのため月10本ブログ更新した時期もありました。また、1万字がっつり書いた記事があれば、1000文字弱の記事もあります。

しっかり数字とにらめっこして自分を追い込めたからこそ、最終的に目標達成できるだけの記事を量産できたと思っています。

みなさん、忙しい日々の業務の合間にブログを書かれることと思います。目標に対する進捗を可視化しながら、着実に前に進んでいる実感を持ちましょう。その方が、心が折れずにブログの作成ができますよ。

  • ブログの「質」について

私が大事にしているのは、実は「量」より「質」です。「私が就職活動をするとしたら、企業のどんなことが知りたいか?」を基準として、面白い、かつ、中身のある記事を企画します。

逆に言うと、会社ブログにありがちな「社員と飲み会に行きました」「今日はこんなランチ食べました」みたいな内容にはあまり興味がありません。当社のブログでは取り上げないようにしています。


たとえば「お昼ご飯はどうしてる?」日昇社員の昼休憩の過ごし方・ランチ事情 の記事では、ただ自分の昼ごはんを紹介するのではなく、日昇社員がどのように過ごしているかを細かく調べてみました。コンスタントに読まれているので、応募者のニーズに沿った記事に仕上がっているようです。


昼休憩については、面接や説明会で直接聞くほどではないけれど、みなさん気になるポイントなのでしょう。あとは「仕事するときの服装」の記事も人気がありますね。会社の日常を取り上げる際には「新入社員が入社後に安心できそうな内容の情報提供」を必ず添えるよう意識しています。

私が知りたいと思うのは「会社(経営者)の想いや考え方」と「どんな人が働いているか」です。なので、ブログには「人」にたくさん登場してもらっています。実際、当社のブログのカテゴリクリック数のトップは「社員インタビュー」、2位が「社長からのメッセージ」。私の感覚は世間からずれてなかったんだなと答え合わせができました。

コンテンツの内容については、のちほど詳しく解説します。

  • ブログの「画像」について

ブログの中で最初に目に入るのは、使用されている画像です。他社のブログを見たときに気になるのが、まず「人」が映っていないこと!HP内の人気(ひとけ)は大事。一部でもいいので、必ず「実際の社員が働く姿」を載せるべきだと思っています。付け加えると、集合写真ではなく一人か二人の社員をメインで。実際の業務を行っているイメージが具体的に湧く画像を読者は見たがっています。

写真撮影は肖像権の関係で社員にお願いしづらかったり、協力が得られなかったり、のケースはありますよね。当社ではルール作りを行い、できるだけ多くの社員に協力してもらっています。たとえば、写真や名前の掲載箇所は記録しておき、退職後は速やかに削除することを明示。また、許可なく掲載しないこと、社員には掲載を断る権利があることを伝えています。安心と信頼関係があれば、協力してくれる社員は増えます。

さらに、採用時には下記のような文章を募集要項に載せており、面接時にも口頭でお伝え。


「自社広報活動等を目的として、運営サイト・Webショップページ等へ社員の顔写真、氏名等を掲載しています。(HP参照)入社後は、任意でのご協力をお願いする場合があることをご了承ください。」

入社前に多くの情報を会社ブログから得て入社に至った社員は、入社後に自ら進んで協力してくれます。自身が受けた恩恵を次の新入社員へ返そうと思ってくれるからです。このようなよい流れが作れれば、会社ブログはどんどん充実していきます。

会社行事や特別な出来事があればブログは書きやすいですが、都合よくイベントは発生しません。「ネタがない!」「書き方がわからない!」と感じているブログ担当者は多いと思います。そこで、私が企画を考える際の事例を何点かご紹介してみます。自社に応用できないか、検討してみてくださいね。

  • コンテンツの企画① ~社員を魅せる~

メインのコンテンツとしていちばん充実させたいのが社員インタビューです。毎月1名以上の社員インタビューを目安として記事を作成しています。

事前にインタビューする社員のアポを取り、聞いてみたい質問を5つほど用意しておきます。メインテーマや制作意図も同時に伝えておけばスムーズ。話がそれても、その話題がおもしろければ積極的に記事に盛り込みます。


インタビュー時間は30分ほどあれば1記事書くのに充分すぎるほどのネタが集まるでしょう。メモを取りながら話を聞き、盛り上がった部分を中心に記事にまとめます。完成したらインタビューした人に事実関係や掲載不都合な表現がないかなどの確認を取り、問題なければ公開します。

下記の記事は、Webデザイナーの募集を出すタイミングだったので、同職種のスタッフに協力をお願いしました。「応募者の参考になるよう、ご自身の就活経験と日昇での業務経験を教えてください!」と伝えてインタビューさせてもらいました。

当社社員に必要な「採用要件」になるキーワードを、実はところどころに忍ばせています!

  • コンテンツの企画② ~社長の想いや考えを語ってもらう~

応募者は働く会社を検討する際、当然ながらトップの考え方を知りたいと思うはず。社長の考えや人となりがわかるコンテンツは今後もっと増やしていきたいカテゴリーです。

採用面接をしていると、ブログの内容を引用して「この部分に共感した!」などと伝えてくださる応募者の方がいらっしゃいます。とてもありがたいことですね。応募や選考の時点でミスマッチを少なくするためには、できるだけ経営陣に登場してもらいたいものです。会社の目指す方向を語ってもらうよう働きかけましょう。

あえてインタビューしなくても、社長の講演をそのまま掲載する方法はオススメ。忙しい役員にはアンケートを作り文章でインタビューすることも。最近は「Googleフォーム」を活用していますね。工夫して生の声を集めています。

下記の記事では、社長が方針発表会で語った内容を録音し、文字起こししてみました。

  • コンテンツの企画③ ~当たり前すぎることをあえて発信してみる~

下記の画像には、天井に所狭しとぶら下がった照明があります。当社の社員は当たり前すぎて何も思わないのですが、外部の方が見ると珍しく思える光景ではないでしょうか。

頭上にたくさんある照明の商品やサンプル。私たちはあまりに日常で見慣れてしまっています。特別であるという発想には至りません。

このように、どの会社にも、自分たちにとっては普通のことでも、実は特別な何かが必ずあるはずなんです。それらに気づけるよう、自社を客観視する習慣が身につくといいですね。入社間もない社員に「入社前と後のギャップ」や「入社してみて驚いたこと」など聞いてみるのも一案です。意外なところにブログのヒントは転がっているものです。

  • コンテンツの企画④ ~社外の人から言われたことをヒントにする~

学生からの質問がきっかけで1つのコンテンツが生まれたことがあります。「御社はなぜ照明の売り上げがよいのですか?」と素朴な疑問を新卒採用の会社説明会で投げかけられました。

当社で照明が売上の主軸なのは昔からのこと。改めて「なぜ?」と問われると、案外回答に困ってしまうものだなと気づきました。この経験を機に「照明がなぜ売れるのか?」を自分なりに考えてみて、そのまま記事にしました。

最近では、ブログの感想や当社に対してもっと知りたいことなどを、外部の人に積極的に聞いてみるようにしています。取引先や当社に応募してくださった方はよいアドバイザーです。フィードバックをもらうことでやりがいに繋がりますし、ブログのネタが増えるので助かっています。自社の「常識」を新鮮だと感じる人と、どんどんコミュニケーションを取りましょう!

  • コンテンツの企画⑤ ~自社の専門性を活用する~

「人」を魅せるコンテンツが充実してきたら、次は「専門性」を魅せていきたいところ。応募者にはさまざまなタイプの方がいます。「人」から引き付けられる方が多いのは事実。とはいえ「専門性」のある仕事がしたいと考える人もいるわけです。企業が採用で応募者を見定める際、人柄だけでなく今までの経験やスキルを考慮するのと一緒ですよね。

幸い、私は当社の主軸となるインテリアのEC事業での業務を5年ほど経験しています。そして、インテリアコーディネーターの資格を活かし、インテリアに特化した記事にも挑戦しています。

ただし、難しい内容を難しいままに記事にするのはNG。専門的な内容を素人でもわかるよう簡単に噛み砕いて解説することが重要です。下記の記事は、ご家庭の天井照明取り付けについて。画像や動画を用いて、はじめて照明を取りつける方にもわかりやすい記事を目指しました。

  • コンテンツの企画⑥ ~SEOを意識すると企画のヒントになる~

「SEO」とはGoogleなどの検索結果で、ブログがより多くの人の目に触れるようにするため行う一連の取り組みのことです。

採用ブログでは、新規のユーザー獲得よりも、会社に興味を持ってくれた人の志望度を上げることの方が重要です。ですからアクセスを稼ぐためというよりは「人が検索して知りたい情報は、自社の社員や応募者も知りたい内容では?」の観点でSEOの知識を使います。具体的にはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)・Search Console(サーチコンソール)、キーワードプランナー、その他ツールを用いています。(Googleの無料ツールにはかなりお世話になっています。)ユーザーがどんなワードで検索をかけ、会社ブログに辿り着いてくれているかを分析しています。

たとえば、当社はインテリアのEC事業を営んでいるため、検索ワードの分析から「インテリアコーディネーター」に興味をもつ人が多いのではと仮説を立てました。さらにはインテリアコーディネーターと一緒に検索されるワードを洗い出して、ユーザーはどんなことが知りたいのかを分析しました。その内容をまとめたのが下記の記事です。

応募者や当社社員でインテリアコーディネーターに興味がある人にも届けたい記事に仕上がりました。

会社ブログを運営することのメリットをお伝えします。

  • メリット① 応募者の質が上がった!

応募者の「質」とは、学歴が高い人・専門性が高い人、が応募してくれるようになった、という意味ではありません。会社にあうかどうかを応募者自身が吟味してから応募してくれているのです。可視化はできませんが、「社風に合わない人」からの応募を踏みとどまらせる効果があると考えています。

応募者の対応をしていて、応募してくださる方の志望動機や話題が変わってきたように感じるようになりました。ブログを細部まで読み込んでくれ、面接時に多く説明しなくてもすでに理解してくださっています。共通理解があるなかで説明や質問が行えるので「話が早い!」と、面接中に驚いています。

  • メリット② 採用業務の工数が減った!

長年採用を担当している人からすれば「ほんとに?」と思われるかもしれません。しかし私の体感として事実です。

一昔前の採用といえば「母集団形成」が重要とされていました。今でも母集団の数をKPI(主要業績評価指標)として設定している企業があるのではないでしょうか。

とにかく多くの応募者を集めてその中から厳選する。この方法だと、人が集まれば集まるほど選考に時間がかかってしまいます。応募者とやりとりをする、面談や面接をする、採用するかを決める、これらだけでかなりの労力を要します。同時に社風にあわない応募者の時間を奪うこともしたくないです。

採用業務は少ないほうがいいし、応募者は少ない中から決めたほうがいい、という意識を私は持っています。前述の「応募者の質」の話と共通する部分はありますが、ブログでは当社に応募すべき人がどんな人か、メッセージを出しています。「選ばれない」ことを恐れず、あえてたくさん人を集めないことで、採用業務は確実に減っていくんですよ。(それでも採用自体には成功しています。この1年で中途3名、新卒3名を採用しました!)

もう1つ事例をお伝えします。当社には現在、6名の新卒採用者が入社し、3名の内定者がいます。内定出しから入社まで約1年ありますが、現在の時点で内定辞退を受けたことは一回もありません。内定を出した方全員が入社してくれています。つまり内定者フォローに時間をかけることなく、内定辞退を受けて充足のために追加の採用活動をしたこともありません。

ブログによって、内定を出すまでに応募者の志望動機形成やマッチングが進んでいる状態を作れていることが、要因のひとつだと考えています。内定辞退は受けたくないので、いくら大変でもブログを書き続ける方を私は選びたいです。同じ苦労をするなら前向きな苦労の方がいいですよね。

  • メリット③ 採用担当者のレベルがあがった!

自身でブログをまとめる過程で頭が整理され、応募者の多様な質問へ的確に答えられるようになりました。自分が理解していないことはアウトプットできませんから、わかるまで調べるクセがつきました。私は採用担当になってまだ3年目です。しかし誰よりも会社についてしっかり説明できる自信を持っています。営業でも同じですが、商談相手(採用の場合は応募者)は自信のない担当者に身を預けようとは思いませんよね。

面談や面接が終わった後に「企業理解にお役立てください!」と話した内容と関連するブログ記事をメールすることがあります。応募者の方は面談・面接時には緊張されているので、私どもが説明したすべて内容を記憶しておくのは難しいでしょう。ブログにまとめた内容があれば、後で文章を読み返して復習できます。応募者にとって役立つことなのではと思っています。

  • メリット④ 社外の関係者や取引先との意思疎通が深まった!

はじめて商談をする相手が事前にブログを読んでくれている場合はありがたいです。私は人材系の外部の業者と会うことが多いです。ブログを読んでくれていると、当社のことを口頭で話すより更に理解の深い打ち合わせができるようになりました。「ブログで◯◯と書かれていたのは本当ですか?」などと聞かれると、非常に嬉しいです。

EC事業部で商品企画を担当するスタッフは、中国の取引先の担当者がブログを定期的に読んでくれており、感想や質問をよく受けるそうです。(たしかに、アクセス分析していて「中国からのアクセスが定期的にあるなぁ!」と思っていました、笑)取引先からの信頼や親近感を得るためにも効果が出ているようです。

  • メリット⑤ 会社でのコミュニケーションが増えた!

いつの間にか、社員のみなさんがブログを読んでくれるようになっていました。当社は本社事務所、物流倉庫、建築グループの事務所と3拠点に分かれているため、まったく顔をあわせる機会のない社員がいます。それでも同じ会社の社員同士、できるだけ相手のことを知りたいと思ってくれているようです。「社員インタビューの更新を楽しみにしています!」と声をかけてもらえることがあるんですよ。

先日は物流倉庫の画像や動画をたくさん掲載して、ブログを書きました。これは事務所勤務の社員にとても好評でした。いつも電話やチャットでコミュニケーションを取っている相手の日常がより詳しく理解できたそうです。仕事のやりとりを行うついでに「ブログ読みましたよ!」などと話せば、心理的な距離が少し近くなりそうですよね。

いろいろ詰め込んでお伝えしました。いかがでしたか?「やっぱり自分にはムリ!」と思われた方もいるかもしれません。でも大丈夫、私も1年前は不安でしたし、こんなに多くのコンテンツを生み出せるとは思っていませんでした。

私が幸運だったのは、社長をはじめ、社員みなさんの協力を仰げたことです。成果が出ない間も暖かく見守っていただき、応援してもらえました。とてもありがたかったです。さらに取材や撮影にも快く応じてもらえ助かっています。会社をあげての協力体制は、採用広報に絶対必要です。

みなさんの協力に何かお返しするためには、とにかく手を動かすこと。自身の経験・スキル・感性をフル活用させ、毎日1時間、いえ、30分でもいいです。文章制作を習慣づけてください。私も会社ブログをはじめる前に、文章制作のトレーニングを行いました。毎朝の定常業務にして「リクナビ人事ブログ」を3ヶ月間、毎日更新するノルマを自分に課して達成したことで、文章制作の日常化と自信を得ました。文章制作のスピードアップも図れたと思います。

文章制作のスキルは一旦身についたら一生モノです。ぜひブログを書きながらご自身のスキルをレベルアップさせてみてください!

株式会社日昇HP

ブログTOPページ

#コラム #広報担当の独り言 #中途採用 #新卒採用

株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど。ときには面白ネタも、ざっくばらんにお話しします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.