ロゴ-01color.png

​株式会社日昇のインテリアブログ

新卒採用の一次面接では「成果物を持ってきてください!」とお願いしています

一次選考は私と役員1名の合計2名が面接官を務め、個人面接行っています。お伺いする内容は事前に考えており、手順に沿って質問を重ねていきます。

しかし、いつも悩むのは、面接でみなさんに聞く質問のこと。面接という緊張を強いられる空間で、学生さんがいかに実力を発揮できるか、私たちに素の自分を見せてくれるか、当社としても工夫したいと思っています。昨年、1つよいアイデアが思い浮かんだので、現在はこんな試みを行っています!

「面接に『大学時代の努力の証(成果物)』を何か持ってきてください!」

大学時代に努力してきたことを聞き、成果物を添えてアピールしてもらっています。

私たちが知りたいのは、「何を持ってきたか?」よりも「やってきたことへの思い入れ」や「その活動によってどう成長したか」という点です。意図をお伝えし、みなさんが何を持って来てくださるのか、いつもとても楽しみにしています。

結果、昨年も今年もバリエーション豊かな成果物を見せてもらうことができました。よく考えると当然なのですが、誰一人として成果物がかぶらなかったんですよね。みなさんの多様な人生の一部が伺いしれて、とても興味深い面接時間でした。

今まで持参してもらった成果物は、例えば…

・ゼミで作成した共同論文

・サークル活動で制作したグッズ

・サークル活動の動画

・部活で貰った賞状

・大学の成績表

・勉強や活動の証であるノート

・バイトで使い込んだメモ帳

・授業で制作したポートフォリオ

・自作したプロダクトや動画

などなど。

ノートパソコンやタブレットを持ち込んでくださる方も多いです。創意工夫あふれる成果物の持参をお待ちしています。

大学時代をどのように過ごしたかを聞くのは、その人をよく知るための1つの手がかりになります。カタチのあるものを見せるということはただ質問に答えるのと違って、取り繕うことがしづらいはず。そういう点で、その人の本来の姿に近づけたように思います。

また、成果物が手元にあることで、その人の語る内容が生き生きしたものになり、私たちはより理解を深めることができました。

好きなもの、思い入れ深いものを語るとき、人は自然と饒舌になります。笑顔が出て、目がキラキラ輝く人もいます。「話したくて仕方ない!」という感じで、前のめりでお話ししていただけた場合は、その姿勢そのものが充実した大学生活を物語っているかのようでした。面接で緊張する姿のかわりに、みなさんの活き活きした姿を見れたのは収穫でした!

当社では来年度以降も、新卒採用時にこの試みを続けていきたいと考えています。

中途採用でも全応募者に対して実施するかは悩んでいるところです。中途採用の場合は募集するポジションが確定していることが多いので、例えば写真撮影を業務で行う部署であれば、事前のやりとりの中でご自身の撮影した作品のご提示をお願いすることはあります。また、EC店舗を運営されていた方の場合、どんな店舗でどのような業務を担っていたのか、実際のお店のURLを教えてもらうこともあります。

他社の選考に行かれる方や中途採用の面接を受けられる方も、「自分なら面接にどんな成果物を持って行くか?」考えてみるとおもしろいと思います。また、企業から指定されていなくても、成果物持参で面接に臨むのはいかがでしょうか。

面接のときに一言断りを入れて披露すれば歓迎する企業は多いのではと思いますし、自己アピールになりますよ!

日昇HP

日昇ブログTOPページ


#コラム #新卒採用

株式会社日昇の公式ブログ。新規事業やインテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。採用活動。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど、ざっくばらんにお話しします。

特集記事

日昇の未来を担う新規事業「IoTグループ」のメンバ...

October 28, 2019

1/8
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ