ロゴ-01color.png

​株式会社日昇のインテリアブログ

職場では私服?スーツ?オフィスカジュアル?社員の服装事情をご紹介します


初出社する前の新入社員から聞かれる、いちばん多い質問についてお話しします。

よく聞かれるのはズバリ!

「どんな服装で出社すればよいですか?」という質問です。当社には制服がありませんし、フォーマルなスーツやジャケットで仕事するのはごく限られたときのみです。カジュアル・フォーマルの加減がまだ分からない新入社員にとっては、何を着ればよいかは悩ましい問題かもしれませんね。

オフィスでは男性・女性問わず、基本的に服装自由です。一部のみ服装規定があります。

  • 肌の露出は少なくする(ミニスカート・半ズボンはNG)

  • ジャージ、スウェット素材は避ける

  • 部屋着に見えるようなラフでだぶついたものは避ける

  • TシャツはOK、ただし着用の際はジャケット・カーディガン等を羽織る

まずは、これらが守られていれば問題ないです。ご覧の通り、挙げられている項目は社会人として当然のことばかりで、拍子抜けするほど服装自由です!

新入社員の方なら、出社1日目はちょっとだけフォーマルに近い服装で。2日目以降は周囲の人を観察したり相談したりして判断すれば、間違いがないのかなと思います。

当社は若い社員が多いです。また、インテリア業界の特徴として、取引先の企業も服装に対しての自由度が高いほうだと思います。ただし当然のことですが、プライベートで遊びに行く際のファッションでいう「おしゃれ」と、ビジネスの場での「おしゃれ」は異なります。服装規定に当てはまっていてもビジネスシーンにふさわしくない服装については上長から注意するようにしています。

個人的な判断基準としては「スーツ着用のお客様と対面する際に不自然でないもの」と考えています。上記の服装規定に加え、清潔感があり派手すぎなければいいのかなと思っています。オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルと言うのでしょうか。

オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルとは、「年上の人、目上の人に会っても恥ずかしくない服装」のことです。お客様と対面する限られた時間の中で、第一印象はとても重要。見た目は言葉より雄弁なことがあります。外部の方と信頼関係を作る第一歩として、スマートな着こなしを考えていきたいものです。

当社社員の服装例をちょっとだけご紹介しますね。

せっかく社内での服装をテーマにお話ししているので、面接に来られる方の服装についても私の意見をお伝えしておきます。

当社では新卒・中途採用ともに、リラックスして面接に臨んでほしいため私服を奨励しています。私たち社員が私服で業務を行っているのに、応募者の方だけリクルートスーツなのはとても不自然な感じがするからです。面接を担当する私たちが、まず私服ですからね。

とはいえ、スーツ姿が「ダメ!」というわけではありません。

当社へ来社した後に他社の説明会や面接の予定が入っている。また、就活のために遠征してきている。これらのケースだと途中で着替える手間のないようリクルートスーツ着用が無難ですよね。就職活動をされている方にはいろんな事情があることと思います。なので、私服を強制しているわけではありませんので安心してくださいね。

ただ、面接日のご相談をするときに、わざわざ採用担当の方から服装について言及するのは、はばかられます。面接官から突然「服装は私服でいいですよ。スーツで来社されなくても大丈夫ですよ。」と言われるとどうでしょう?「服装自由と言われても、どんな格好がいいの?」「TPOがわきまえられるかを試されてる?」なんて、逆にいろいろ考えてしまいますよね。

あえて採用担当からは来社時の服装についてお伝えはしていません。応募者から聞かれたときにだけお伝えします。この記事を読まれた方はぜひ、服装についてあまり神経質にならずご自身の都合の良い服でご来社ください!

ちなみに、私の体感ですが、当社にご来社いただく学生さんの私服着用率はおよそ8割。中途採用の応募者ですと4~5割が私服で来社されていますよ。

株式会社日昇HP

日昇ブログ TOPページ


#コラム #中途採用 #採用担当者の裏話

株式会社日昇の公式ブログ。新規事業やインテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。採用活動。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど、ざっくばらんにお話しします。

特集記事

日昇の未来を担う新規事業「IoTグループ」のメンバ...

October 28, 2019

1/8
Please reload

最新記事