ロゴ-01color.png

就職したら長期休暇は取れる?長期休暇取得・海外旅行支援の取り組みをご紹介



今回は、当社に最近できたユニークな制度についてご紹介します。

社会人が学生さんに向けてよく言うセリフに

「長期で休めるのは今だけだから、 今のうちに海外旅行とか行くといいよ!」

というものがあります。

実際そういうケースは多いかもしれませんが、当社なら海外旅行が身近になるかもしれません!「年次有給休暇取得の推奨」という取り組みが始まったからです。どのような内容か紹介してみます。

【対象者】

勤続3年以上の正社員のうち、有給休暇残日数が15日以上の社員

【内容】

上記の社員に対して年次有給休暇を5日間連続で取得することを会社として推奨します。

法定休日と組み合わせ、最大7日間の長期休暇取得が可能です。(ただし、取得の2ヶ月以上前に申請が必要。)

また、2泊以上の海外渡航に対しては会社から3万円の補助を行います。海外渡航中の様子をブログに掲載すること、写真10枚程度の提供することを条件としています。

【目的1:グローバルな人材育成】

日昇は海外展開していることもあり、グローバルな人材を必要としています。

他国文化に触れ、「一企業の枠を超えて大きな共通のバランスのために働く概念」、「自国の再認識と異文化の理解」は企業成長に欠かせない要素であると捉えています。

また海外渡航は、語学力やコミュニケーション能力、主体性の向上においても大きな効果があります。

※もちろん、長期休暇の取得中に、必ずしも海外旅行に行かなくてはならないわけではありません。国内旅行するもよし、家族サービスするもよし。休暇取得の理由に会社が関与することはありませんのでご安心ください。

【目的2:業務の標準化】

当社は有給取得率は高いほうだと思うのですが、それでも業務内容や人によって取得に差があります。休暇が取りづらい人がいる背景には、業務フローに問題がある場合があります。

問題点の1つとして、「仕事の属人化」が挙げられます。仕事が人についている状態ですね。

「この仕事は自分にしかできない!」と業務を囲い込んでしまうと、いざその人がいなくなったときに周りの人が困ります。誰だって病気や怪我で仕事を急に休まざるを得ないケースはあります。まだ小さな会社なので仕方ない部分はあるのですが、会社の成長過程でネックになっていくと思います。

つまり、長期休暇取得の取り組みにより、その人が1週間くらい抜けても余裕で業務が回る体制づくりを目指しています。「年次有給休暇取得の推奨」の取り組みは、チームで仕事を回すことを意識するよいきっかけになります。

まだ始まったばかりの取り組みなので、業務調整等の理由から、実際に利用した人はいませんが、今後に期待です。

当社は、周囲の人に迷惑をかけない限りは、社員の有給取得に対して寛容です。ワーク・ライフ・バランスを大事にし、余裕を持って働くからこそ成果が最大化すると考えています。

休み方も含めて自己管理を行うことは働く上でとても大切なことですよね。この取り組みによって、社員一人ひとりがさらに自主性を育むきっかけを作っていきたいです。


株式会社日昇HP

ブログTOPページ

#コラム #ワークライフバランス

株式会社日昇の日常を綴る企業ブログ。インテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。新規事業や採用活動について。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど。ときには面白ネタも、ざっくばらんにお話しします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
ロゴ-01color.png

contents

address

sns

本社

〒799-3113

​伊予市米湊323-1

物流部

〒791-3120

伊予郡松前町筒井441

nissho

kaiteki-homes

BeauBelle

mollif

kakko

housing

copyright @ NISSHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.