ロゴ-01color.png

​株式会社日昇のインテリアブログ

社長が語るこれからの挑戦 ~株式会社日昇 第19回 方針発表内容より~


前回に引き続き、方針発表会の際に行われた、社長の講演の様子です。会社のこれからについて語っています。

株式会社日昇の今年1年のテーマについてお伝えします。

新たな挑戦を行い、大きな「進化」を実現させる。

日昇はもともと、建築事業で創業し、当然ながら建築しかしていない会社でした。

2007年にECを開始しました。海外からインテリア商品を輸入してみたり、海外にグループ会社を設立してみたり、いろいろな挑戦をしてきました。

今後も世の中の流れに合わせて、変わっていける会社であるべきだと思っています。

具体的に、今の世の中がどういう状況にあるかと、会社としてどのようなことをしていくか、説明します。

私たちはどのような時代に行きているか。

「シンギュラリティ」という言葉を聞いたことある人、手をあげてください。 数名いますね。

どういうことかというと、2015年に人工知能はネズミの脳を超えました。

2023年には人間の脳を超え、更に時が経った2045年には全人類の脳を超え、そのとき、人間の生活に大きな変化が起こると言われています。ターミネーターの世界のようなことが起こるかもしれない。この概念をシンギュラリティと言います。

実際に2045年にこのとおりになるか分からないですが、人工知能がそれくらい発達する事実があるということです。

では実際、日昇の仕事がどのように変わっていくか。

これはほんの1例です。

カスタマーサポートは、既に中国や台湾はチャットが中心です。

日本にもその流れがようやくきて、来月下旬に楽天市場にてチャット対応が始まる予定です。このチャットデータは蓄積され、どのような対応をすればお客様が満足するのかが分析されます。そして数年後にはAIがカスタマーサポートしている可能性は充分あります。

経理の分野でも、作業の自動化がトレンドになっています。例えば銀行からのデータを手入力するのが今までのやり方ですよね。インターネットバンキングというのがありますので、勝手にデータを取り込んで勝手に処理する。

このように、必要であった仕事が自動化されていく時代にあります。

数年後にそういう時代が来ると分かったときに、私たちは何をしなければいけないのか。最初に戻りますが、「新たな挑戦と大きな進化」だと思います。

今新たな挑戦として取り組んでいることを具体的にお話します。

スマートホームという言葉を聞いたことがある人はいると思います。日本ではまだまだ浸透していませんが、アメリカではスマートホーム化がかなり進んでいます。

住宅のあらゆる設備がインターネットに接続されてネット経由で操作・管理できるようになっています。ネットに接続されているので、どのように利用されているかのデータを集められ蓄積されていきます。AIが判断して快適な住生活を送る手助けをする時代が、しばらくすると来るといわれています。

日昇でもスマートホームを、まずは照明から進めています。

日昇で一番売れている「レダ」を、インターネットに繋ぐ商品を開発中です。「TOLIGO」というブランド名で売り出していきます。

ちょうど一昨日、クラウドファンディングサイト「makuake」でプロジェクトをスタートさせました。

今後、照明以外でも、デバイスの開発を進めていくところです。

TOLIGOの動画があるので、ちょっとみてください。

照明の機能だけでいうと、なくても不便はしないものではあります。

しかし、スマートフォンだって、最初は好きな人しか使っていませんでした。今では誰もが使うアイテムになっていき、市場が広くなっていきました。そういう商品を目指したいです。

株式会社日昇HP ブログTOPページ

#社長インタビュー #コラム

株式会社日昇の公式ブログ。新規事業やインテリア照明や家具のこと。会社のことや働く人のこと。採用活動。日昇の所在地である愛媛県伊予市のことなど、ざっくばらんにお話しします。

特集記事

日昇の未来を担う新規事業「IoTグループ」のメンバ...

October 28, 2019

1/8
Please reload

最新記事